トップページ>>役員さん,そのうち100の戦略>>下水道を使えるようにしたい

ダウンロード
あなたのマンション見積ます
掲示板
下水道を使えるようにしたい

 前の道路に下水道が通ったねぇ。」この言葉は今日も日本のどこかで発している人がいます。市町村によって下水道が整備された場合、その道路に面する建物も、くみ取り方式や浄化槽をやめて下水道へ切り替わってゆくことでしょう。今回は「下水道を考える」のココロだー。

下水道は絶対に使われなければいけないの?
 さあ、前説のとおり、マンションの前の道路に下水道管が布設されました。あなたは、一定期間内に下水道管へ接続しなければなりません。これは、法律や条令で決められていることです。
 わが名古屋市の場合ですが、下水道供用開始から、風呂や台所、浄化槽などは3ヶ月以内に、くみ取り式トイレは3年以内に接続しなさいと決められています。(ほとんどの市町村でも同じだと思います)
  なお、工事の助成金制度(浄化槽廃止、くみ取り式トイレ改造など)がありますので、ぜひ利用しましょう。詳細は市町村の下水道課へ問い合わせしてください。

下水道を使えるようにするためのレシピ
(1)市町村指定の工事店を探してください。市町村の下水道課に問い合わせすると教えてくれます。指定工事店とは、下水道に関する法律や基準にあった排水設備工事を施工するために必要な技術を習得し、市町村から「この工事店なら大丈夫ですよ」とお墨付きをもらっている業者のことです。
(2) そして、指定工事店に連絡し工事の見積りを作成してもらいましょう。一社だけでなく、数社頼んでみても良いかもしれません。満足いく見積り内容でしたら、指定工事店へ正式に工事をお願いします。尚、既設の浄化槽をそのままにするか、埋め戻すかの打ち合わせも必要になります。状況によっては埋め戻しが必要となります。
(3)依頼を受けた指定工事店は、下水道工事に必要な書類申請を代行して行ってくれます。申請が許可されれば、工事着工となります。工事の時は、一時的にトイレなどが使えなくなることがありますので、工事店と打ち合わせしてください。それから、入居者へ工事の日時や注意点を知らせてください。
(4)工事が無事完了したら、排水設備等工事完了届と公共下水道使用開始届を市町村へ提出します。これで、完了です。

下水道工事の地元説明会
 下水道工事が始まる前に、市町村は住民のために地元説明会を行います。この説明会では受益者負担金や助成金制度、指定工事店などを教えてくれます。是非、参加してください。

下水道料金は?
 下水道を使うからには使用料が発生します。ほとんどの市町村では、水道料金と一緒に請求されます。下水道使用量は上水道使用量(メータ検針値)を基にしています。(つまり、使った分だけ下水へ流しているだろうと仮定)
  料金については、お住まいの各市町村役場にて料金表を配布しておりますのでご確認ください。

排水設備が壊れたときの費用は?
 敷地内に布設されている排水設備の修理費は、もちろん住民負担となります。ただし、官民境界から下水道本管までの管(取付管といいます)で問題が発生したときは、市町村負担となります。

ディスポーザはどうよ?
 ディスポーザは、野菜くずや魚の骨などの生ゴミを砕いて、水といっしょに下水道に流し込む機械です。生ゴミを自分で捨てなくてすむので、使っている人もいることでしょう。
 しかし、ディスポーザを使用して生ごみを直接下水道に流すと、下水管が詰まったり悪臭の原因となったりすることがあります。また、下水を処理(きれいな水にする)するうえでも水質の悪化につながり、海や川へ悪い影響を及ぼすことが考えられます。このことから、ディスポーザを使用禁止にしている市町村があります。ディスポーザを使用している人は、下水道を使用開始するにあたり、市町村へ問い合わせした方がいいでしょう。

合流式と分流式
 下水道といっても何種類かあります。まず、下水道には合流式と分流式とがあります。
合流式は汚水(トイレや家庭雑排水)と雨水を一つの管で処理するシステムです。建設コストが安くすむことから昔は主流でした。ところが、雨天時に下水の一部を河川へ流してしまうので、汚物も河川へ流れ出します。当然、環境保全には不向きでした。
  そこで、雨水と汚水を別の管で処理する分流式というが今は主流となっています。もちろん、敷地内の排水設備(排水管や桝のことです)も雨水用と汚水用とでは別系統となります。
 ところが、手抜き工事なのか、ただの間違いなのか、本来雨水用と汚水用の排水設備が別系統であるはずなのに、工事時にグチャグチャに接続されてしまうことがあります(誤接続とかクロスコネクションと言います)。間違えたまま道路にある本管や側溝に接続されると、行政の方が困ってしまいます。で、問題が発生した時、行政から改善命令(強制ではありません)が来ることがあります。もちろん、排水設備は住民の管理物ですので、工事費は住民負担となってしまいます。
  余談ですが、こんな事例がありました。ある住宅団地で、ある一定量の雨が降ると汚水本管から汚水があふれ、道路中汚物だらけになるところがありました。本来、汚水本管は汚水専用で雨の流入はありませんので、雨天時に溢れることはないはずです。市が調べたところ、なんと住宅の約半数が雨樋と汚水管が接続していたことが判明しました。もちろん、改善命令が出たのは、言うまでもありません。なぜか分かりませんが、工事費は住民負担でした。もし、これから工事を行う場合は、きちんと工事が行われているか注意が必要ですね。


Copyright (C) 2002 YOUKOU Corporation.