トップページ>>役員さん,そのうち100の戦略>>ドロボーだー!!

ダウンロード
あなたのマンション見積ます
掲示板
ドロボーだー!!

盗難にあったら
「今日も残業、疲れましたねー、お風呂に入ってゆっくりとしましょう!!」と
車庫に車を止め、自宅のドアを開けようとしたところ「あれ?鍵が開いてる。」「今日出がけに閉め忘れたのか??」とにかく中に入ろう。着替えをし、リビングでくつろごうとベランダに目を向けたとき「あれ?なんか変?…あれーー鍵の横に穴が!!これは!ドロボーだー!!。 」「えっ!何が盗まれたの?」一見わかりません。こんなこともあろうかと大事なものはここに隠してあるんだよ……ない!!!やられたー!!」
(ちなみにこれは実話です)

泥棒はやってくる!
 職業選択の自由なの?か、泥棒を生活の糧にして見える方がいらっしゃいます。
近年は海外から出稼ぎにいらっしゃいます。困ったものです。とはいえお釈迦様ではございません、赤の他人様に施しを与えられるほど徳も余裕もありません。何とか自分の身は自分で守りましょう!

盗難に遭われたら
金額の多少に関わらずまずは警察に被害届を出しましょう!
「少額だから…騒ぎを大きくしたくない…煩わしい…時間がない…」とは思いますが、泥棒さんの中には2匹目のドジョウを狙う人もいます。もしも大事な人が在宅中に…考えたくないですよね。被害届を出し、ついでに「もー怖いので何とかして!!」
あなたの熱演如何で毎日巡回してくれることもあります。お巡りさんに感謝!!
それと管理会社への連絡をしましょう。マンションの保険の中には盗難による窓ガラス破損修理費を保険金にて補償される場合があります。(マンション総合保険など)
玄関の掲示板に大きく掲示してもらうことも今後の盗難抑止効果に役立ちます。
 防犯を呼びかける掲示文書ダウンロード(→022)
 入り口暗証番号を変更するお知らせダウンロード(→001)
優しいフロントマンならすぐに対応してくれると思いますよ。

防犯対策
とはいえ、今後も被害に遭いたくないし、どうすれば…
やはり何か策を講じましょう。泥棒さんは必ずといってよいほど現場の下見をしています。
「うちはオートロックだから…」過信してはいけません。早朝新聞屋さんの配達のために時間帯限定でただの自動ドアになっていませんか?内側から出る際、天井センサーで感知し自動的に開く方式でなおかつ、センサーの位置が扉のすぐ真上に設置されているなんてことはありませんよね。そんなマンションはルパン三世や007でなくとも諜報活動が速やかに行われます。まずは建物内に容易に侵入されない構造がベストです。とはいえ完全はありません。不可能に近いです。ではどうしましょう?
やはり各住戸での対策が必要です。玄関扉対策については「ピッキングとは」を参照下さい。嘘のような話ですが中国窃盗団の一員が離れた家族に「自分もピッキングなどの練習をして上手になった。これで一人前の泥棒が出来るので仕送りをするから…」なんて会話がなされていたそうです。泣けてきました。
「あとは…と」そうそう、私はベランダから入られたのでした。
従来からの方法なのだそうですが、誰でも入れる1、2階に限らず最上階及びその下の階はベランダからの侵入が多いようです。なぜって?だってベランダにさえ入ってしまえば外から見えないし、自動車なんかの騒音があればガラスを少し割る音なんて隣近所には聞こえません。指が入ればそれでOKですから。先日ホームセンターでその対策用のガラス強化フィルムが売っていました。大きく割ればそれでも入られるのですが、相手が小心者ですと「あれ?割れない」となり、あきらめてくれる場合があるそうです。
警察の調査によると侵入に5分以上かかる場合はあきらめるケースが多いとのことです。
「私は中間階だから…」油断禁物です。おいしい餌があれば多少の難関も乗り越えやってきます。帰宅時間の遅い方は要注意。闇に乗じて行動するのは泥棒さんの常套手段でしょう。
ガラス破壊センサー/アラームも効果ありとのことです。さすがに寒い冬でも近隣に何か異常が発生したことを伝えられればOKです。日頃から近隣の方とは仲良くしておけば、そんなときに携帯電話に連絡がもらえたりして…。
お金に余裕があれば警備会社のホームセキュリティーもよいかと思いますが、初期費用(設置工事費30万〜)、毎月の警備費(5万〜)と、かなり厳しいお値段です。

防犯意識
こちらの隙を狙ってくるのが泥棒です。
朝、ゴミを出しにゆく際、鍵をかけずに表まで…近所の方が見えたので立ち話を…この5分で泥棒さんのお仕事は完了してしまうのです。
夕方、買い物に出かけ家には子供だけ。いい人を装い、子供をだまし室内に。
「あのね、さっき知らないおじさんがタンスあけてたよ!」これも実際にあった話です。
「これくらいは…」「少しくらい…」で被害に遭われた方は警察に届け出された数を遙かに超えるといわれています。「こんなこと主人にしれたら…」で、届けをされないとのこと。
家族で話し合うことも必要でしょう。マンション内に不審者を見かけたら必ず警察に通報をしましょう。大丈夫です、間違いでも警察は許してくれますよ。
最後になりましたが管理組合として防犯対策を検討し、エレベーター用カメラ(録画機能付き)、共用部の死角にセンサーライト設置、警備会社のステッカー(※)(大判のもの)を玄関に貼る、などで「このマンションは防犯意識が高い!止めておくか」と認識させることが最大の抑止につながることと思います。
(※)裏技:警備会社のステッカーは警備会社と契約していないともらえません。(ステッカーにはシリアルNOが入っています)でも、設備等の遠隔監視をしてもらっていればセキュリティの契約をしてなくても頼めば貰えることがあります。マンション玄関に、あたかもセキュリティ契約をしてるみたいに貼っちゃいましょう。
マンションは戸建て住宅に比べて比較的セキュリティー対策は限られたものでかなりの効果が期待できますが、防犯に対する意識は怠りなく!


Copyright (C) 2002 YOUKOU Corporation.