トップページ>>役員さん,そのうち100の戦略>>ごみの出し方が悪い

ダウンロード
あなたのマンション見積ます
掲示板
ごみの出し方が悪い

ごみ問題は、よく聞く問題です。人間が生活をする上で、ごみが出ることは当たり前ですが、ごみの出し方が守られない住人がいることも事実です。近年、ごみの出し方のルールが厳しくなり、ルールが守られていないとごみを回収してくれない市町村がほとんどでしょう。もし、マンションの前に回収してくれないごみが山積みされていたら、嫌な思いとともに、恥ずかしい思いもすると思います。
また、残ったごみは
では、どのように問題を解決すればいいのでしょうか。

解決方法 基本編
ルールを徹底させる

基本的な解決方法は、ごみの出し方のルールを徹底させること。もしかしたら、他の市町村から引越ししてきたばかりで、ルールを知らない人もいるかもしれません。また、複雑化になった分別方法をよく理解していない人もいるかもしれません。そういう人のために、回覧や掲示板を利用してルールを教えてあげてください。
警告文書の例をダウンロードできるようにしてありますから、参考にしてください書式ダウンロード準備画面また、役所にごみの出し方のパンフレットがあるはずですから、パンフレットを配布するのもいいでしょう。

解決方法 管理会社利用編 
巡回清掃日を清掃日にあわせる

 マンションの清掃を管理会社や清掃業者にお願いされているところは多いかと思います。巡回の清掃日をゴミ回収日に併せてもらうのはどうでしょう。清掃時にゴミ置き場の清掃もお願いする。持っていってもらえなかったゴミについては分別し、専用の容器に入れて置いてもらい、次回回収日処理してみては。
ルールの徹底、モラルの改善にはなりませんが。

解決方法 努力編 
ごみ問題を解決させるための組織
ごみの出し方のルールを知っていながら守らない人もいます。「部屋にごみを置いておくのが嫌」とか、「収集日を守らなくても役所はきちんと回収してくれる」と思っているはずです。こういう人はなかなか守ってくれません。この場合、全世帯を対象に当番を組み、ゴミステーションの巡回や清掃を行うことにより、常にごみ問題を意識させるのも良いかもしれません。
また、管理組合でごみ問題を解決する委員会を組織することがベストかもしれません。組織を組むことによって、自分のゴミの出し方は監視されているという意識が存在すれば、おのずとルールは守られてゆくことでしょう。そういった組織の編成には参加者・不参加者の有無がついて周り、仕事を持つ方が多いマンションの実情を考えればなかなか難しいことでは有りますが。
常に意識させる
 ごみ問題は、住人の協力がなければ解決することはできません。半年や1年に一度で良いので、広報によりごみ問題を常に意識させ、ルールの徹底を図ってください。


Copyright (C) 2002 YOUKOU Corporation.