トップページ>>役員さん,そのうち100の戦略>>近所がうるさい

ダウンロード
あなたのマンション見積ます
掲示板
近所がうるさい

いつも悩まされる生活騒音
集合生活では壁や床、天井を隣家と共有しているため、飛び跳ねる音や物を落とした音、テレビなど建物内で発生する音が大きな問題となっています。
「夜中に隣が大きな音で音楽を聞いている。こっちは寝られなくていつも迷惑している。」とか、「子供の走る音が響いて、耳障りだ。いらいらする。」とか苦情があるはずです。あまりにも騒音に敏感になって、入居者同士がいがみあっては困りものです。

解決は第三者が間に入って
 生活騒音の解決を、当事者だけに任せることは避けてください。理解のある人は素直に聞き入れますが、そうでない人もいます。
被害者が「こっちはあなたの部屋からの音で迷惑している。」と言えば、「騒音を立てているつもりはない。生活しているんだから音が立つのは当たり前。いちいち言うな。」とか反論するでしょう。当事者だけで問題を解決しようとすると、いつのまにか感情的になり、ついには裁判沙汰に発展してしまうケースもあるかもしれません。
マンションの話ではありませんが、隣家同士の騒音問題で殺人事件まで発展したニュースを聞いた人もいると思います。当事者だけですと、話がこじれてしまうことが多々あるのです。
騒音問題に係らず、住民間の問題は管理組合や管理会社等が間に入って解決して下さい。

被害者が加害者になることも
 先に述べましたように、人が生活をするうえで音が出ることは当たり前です。自分では気にならない音でも、他人には耳障りな音と感じることも多いです。被害者のつもりが実は加害者であったりすることも覚えておいてください。

みんなで気をつけよう
具体的にどのような騒音が問題となっているのかアンケートを取ってください。今後の解決方法が明確になってくるはずです。もし、上階からの音がうるさければ床にじゅうたんなどの遮音性のものを敷いてもらったり、子供のはしゃぎ声がうるさいようでしたら騒ぐのを注意したりできます。
そして、マンション内で騒音問題があること、生活するうえでの注意点やテレビ・ピアノの防音方法などを掲示し、住民全体で気をつけるようにしてあげください。掲示板だけでは不安のようでしたら、みんなで話し合いの場を設けるのも良いかもしれません。
「生活騒音の問題を解決するには、相隣関係を気づかう共同生活への配慮が必要なのです。」
それでも、問題が解決できないようでしたら、管理組合や管理会社が間に入って、個別に注意して下さい。

防音対策の具体例
 
足音
 
足音は意外と下の階まで響くものです。特に夜中は静かに歩きましょう。
 
子供がいる家庭では、マット類を敷いて迷惑をかけないようにしましょう。
 
フローリングの場合は、じゅうたんやマットを敷きましょう。しかし、ダニアレルギーなど、健康上の問題がある場合は免除してあげてください。
 
ピアノ、テレビ、ステレオ
 
演奏時間や使用時間に注意し、早朝や深夜の使用は避けてください。
 
時間帯によって音量を調整してください。
 
ヘッドホンを使用するように心がけてください。
 
防振ゴムマットを敷くのも効果的です。
 
できるだけ、隣家と離れた部屋に設置してください。
 
窓を閉め、カーテンは防音性に優れたものを選んでください。
 
洗濯機、掃除機、エアコンなどの家電製品
 
早朝や深夜の使用は避けてください。
 
エアコンの室外機は、隣家から離れた場所に設置してください。
 
洗濯機は防振ゴムや消音マットを敷くのも効果的です。
 
買いかえる時は、低騒音型のものを選んでください。
 
壁から離してください。
 
トイレや風呂の給排水管
 
早朝や深夜の入浴は避けてください。
 
水道の蛇口に泡沫水洗を取り付けてください。
 
床をリフョームするときの注意点
 
特に、フローリングにする時は要注意です。フローリングを全面禁止しているマンションもあるくらいです。それくらい、フローリングは音を伝えやすいのです。
 
床材や工法は遮音性の優れたものを選んでください。
 
管理規約で使用できる床材を決めてしまうのも良い方法です。
 
その他
 
早朝や深夜の車のアイドリングや不必要な空ぶかしは止めてください。
 
夜間遅くの話し声には注意してください。騒くことはもってのほかです。
 
子供には、廊下等で騒がないように注意してあげてください。
 
夜の麻雀はよく響くので要注意。勝っても、はしゃがないでください。
 
ドアには、気密パッキンやドアチェッカーなどを取り付けて、静かに開閉できるようにしてください。

 

お互い気をつけましょう
 何度も言うようですが、この騒音問題を解決するには「お互い気をつける」ことだけです。もし、工事などでどうしても音を立ててしまう場合は、隣家に事前に謝罪しておくことも、ちょっとした気遣いです。


Copyright (C) 2002 YOUKOU Corporation.