トップページ>>役員さん,そのうち100の戦略>>宅配ボックスってどう?

ダウンロード
あなたのマンション見積ます
掲示板
宅配ボックスってどう?

  マンションという建物が、住宅としての機能の合理化を追求されて生まれたものであれば、以下のメリットをもつ宅配ボックスはマンション備品としてエントランスに設置するに相ふさわしい一品ではないでしょうか。
 われわれもマンションの管理の中でさまざまな宅配ボックスに出会いましたがメリットに感じたこと、デメリットと思われたことをレポートしてゆきます。ボックスの設置をお考えの方はぜひ参考にしてください。

宅配ボックスのメリット・デメリット
メリットその1 24時間好きな時間に荷物を受け取れる。

 宅配ボックスがあれば、宅配便などの荷物が、不在時に届けられても、ボックス内に預けられるため、帰宅時にすぐに受け取ることが可能である。
また不在の際、隣の居住者に荷物を預けたり、預かったりすることもなく他の居住者の目に触れることがなく、「どこから送られてきたか」ということも知られずに済むので、プライバシーを守ることができる。

メリットその2 管理員の負担が減る。
 
大型で常駐の管理人がいるマンションでは、宅配便などの荷物の預かりについては、業務委託契約で管理員が預かる、ときちんと決まっているマンションもございますね。
  特に盆や暮れの時期には、お中元やお歳暮の荷物で管理員室がいっぱいになり、その時期管理員は荷物の預かりが主な業務になってしまうケースは少なくありません。
  宅配ボックス設置によって空いた時間を別の業務に充ててもらうことができるのでは無いでしょうか。

デメリットその1 管理費が増える。
 24時間オンラインで結ばれた高機能型の宅配ボックスは、ランニングコストを考えておかねばなりません。
  導入費の高さもさることながら、毎月のメンテナンス費用5千円〜1万円に加えて5年おきに約6万〜10万円ほどの修理費用が発生しています。

デメリットその2 イタズラ頻発。
 初期導入費用が比較的安い、電気を使用しない宅配ボックスもありますが、そのタイプのボックスでイタズラが頻発しました。
  宅配業者が任意の暗証番号を設定して施錠し、暗証番号を不在者のポストへ入れておくものですが、誰でも(子供でも)その動作が出来ることから勝手にすべてのボックスを閉じてしまったり、虫をいれたりして、定期的にイタズラを解除するために出動しなくてはならなくなりました。(管理会社泣かせです)

メリットその3 クーリングオフの証拠にも
 一部の宅配ボックスは単に預かるだけではなく、機種によっては居住者が荷物を出した場合、それらの日付や時刻がデータとして記録される機種があります。
  そのデータを利用すれば、万が一、宅配ボックス内に居住者が受け取りたくない荷物が入っていたとしても、その場で日付が確認できるため、クーリングオフ制度を利用して荷物を返却することが可能です。

メリットその4 郵政省から謝礼金
 平成8年10月1日以降に宅配ボックスを設置したマンション管理組合に対して、大きさに関係なく、1ボックスあたり2,000円の謝礼金を出すものです。
  謝礼金の対象となるのは郵政省によると「3階層以上の高層集合住宅等1階出入口又はその付近設置されたロッカー型のボックスで、郵便物を安全に保管できる構造・材質であり、かつ、正当受取人のみが受領できる機能を有するものとなっています。

宅配ボックス選びの参考に
 宅配ボックスを選ぶには、優良住宅部品(BL部品)を認定されたものを選んでいただきたい。(財)ベターリビングは平成4年から宅配ボックスの認定も始めている。住宅部品の「安全性」「耐久性」「機能性」などをみて認定するBL部品の認定基準は宅配ボックスの場合、64項目をクリアしなければならない。例えば「危険な突起物がないこと」から「扉・錠前操作盤は、破損、汚損 した場合に、各ヶ交換できるように措置されていること」や「誤操作した場合のやり直し、イタズラに対策が講じられていること」(子供が中に入って出られなくならないように脱出レバーがついている)などであります。

用途に合わせて機能もいろいろ
 電池式を採用しているものは、電気工事は不要。停電による機能停止の心配 もない。荷物の受け取り方法を、カード、暗証番号を使用しているものや、操作手順は対話型ディスプレイに従って操作するもの等があるようです。

設置率でわかる大阪・東京の地域性
 東京では90%と高い確率で、新築マンションに宅配ボックスを取り付けられているようです。それに対して大阪を中心とした関西圏では50%前後みたいですね。東京圏では受け入れられている宅配ボックスだが、大阪圏ではそれほどはない。それはなぜでしょうか。
  東京というのは、日本各地から人間が集まって住んでいるため、近所付き合いはそう深くないのがほとんど。ましてマンションの場合は近所付き合いをしなくていいからマンションに住んでいる≠ニいう意識の人が多いためこの傾向がより強くなるようです。そのため近所付き合いがないから、隣近所の宅配便の荷物を預かるのは嫌がる。そんな理由から宅配ボックスの需要は高くなってきているようです。
 しかし、大阪圏のマンション居住者は、東京圏とは違って、近所付き合いも比較的に多いため、隣の居住者が留守であれば、快く荷物を預かる。このような風土≠持つ地域では、宅配ボックスは東京圏ほど必要とされていないみたいですね。

参考:宅配ボックスのメーカー
・ ダイケン 「宅配ボックス」
・ 近畿工業 「宅配ボックス」
・ アルファ 「留守配ステーション」
・ 不二ロール 「宅配ボックス」
・ フルタイムシステム 「フルタイムロッカー」
・ 田島メタルワーク 「マルチボックス」 ほか


Copyright (C) 2002 YOUKOU Corporation.