トップページ>>役員さん,そのうち100の戦略>>シックハウス対策したい

ダウンロード
あなたのマンション見積ます
掲示板
シックハウス対策したい

「引っ越してきたら、な〜んか目がチカチカする。」、「子供がアトピーでせつないです。」という声を聞きませんか。何かと取りざたされているシックハウス。今後も被害が増えていくといわれています。なんとか対策をしたいものです。


シックハウス症候群の実例
 シックハウス症候群は、家の新築・リフォーム、家具入れ替えなどの後に多く症状が現れています。
 シックハウス症候群の主な症状では(症状は個人差があります)
  ・ 目がチカチカする
  ・ 頭痛する
  ・ 皮膚がヒリヒリするなどの皮膚の被害
  ・ のどがイガイガする
  ・ 体の疲労感がある
  ・ 鼻が痛い           など。
 他にも、家庭内不和の原因、奇形児やガンの増加に起因しているのではとの意見もあります。現代病の一つといえるでしょう。
 すぐに症状が現れるとは限りません。上記の症状が現れるようでしたらシックハウス症候群の可能性を考えてみてください。

なぜ、シックハウス症候群がおきるのか
 シックハウス症候群は、現在の住宅の気密性・断熱性が原因といわれています。気密性の高い部屋では、住居で使われている家具の塗料・接着剤、ビニールクロス・クロス用接着剤、合板(フローリングなど)などの建築資材に含まれる揮発性化学物質が部屋中に漂っているのです。この揮発性化学物質を吸い込むことにより症状が現れるのです。
 特に、抵抗力のない子供やお年寄りに多いといわれています。
 揮発性化学物質の種類は多数有りますが、主にホルムアルデヒド・ベンゼン・トルエン・キシレンなどが主に上げられます。特に、ホルムアルデヒドがシックハウスの症状に大きく関っているケースが多いようです。

対策例その1(お金をあまりかけない方法)
(1)とにかく換気。
 原因となる化学物質を減らすのに最も有効な対策が換気です(でも、少量の発生は避けられません)。室内の空気を入れ替えて化学物質を減らすのです。換気は部屋の大きさにもよりますが風の流れるようすると1分〜2分ぐらいで室内の空気は入れ替わります。
 押入れなど密閉された箇所も、戸を開けて換気してください。湿気の好きなダニの発生も防げますので皮膚炎で困っている人にも有効です。

(2)観葉植物でリフレッシュ。
 部屋に観葉植物を置くことにより、植物が化学物質を浄化してくれます。このことは、あのNASAの実験でも実証済みです。つまり、NASAのお墨付きということです。ただし、種類によって効果が異なりますので、詳しいことは本屋さんなどで調べてみてください。また、部屋に緑があると、心も癒されますね。

(3)木炭を置いてみよう。
 木炭は、脱臭効果や湿度調整のほかに空気浄化の働きもあります。カビの胞子や揮発性化学物質、タバコのニコチン、ホルムアルデヒドまで、木炭が吸着してくれるのです。
 しかも、木炭はプラスイオンを吸着しますので、結果的に部屋中のマイナスイオンが増えることになります。これで健康と快適な住まいになります。
 木炭は、たまに天日干しをしてください。吸着力が復活します。

(4)カーペットはなるべく避ける。
 カーペットはダニの格好の住処です。なるべくカーペットは避け、フローリングにしてください。ただし、フローリングは防音や防振が劣りますので、隣人への気遣いが必要です。
 もし、カーペットでなければダメという人は、木材精油を散布してみてください。木材精油とは、ヒノキなどの木材を煮て発生した水蒸気を採集したエキスのことです。精油には防虫効果があり、ダニは壊滅します。また、樹木に含まれている芳香成分により、あたかも森林浴をしているような気分になります。
 木材精油は、工業用では1リットル1〜2万円で取引されています。

対策例その2(リフォームを考えている方へ)
(1)基本中の基本。
 シックハウスの原因となる化学物質・放散の少ない材料・接着剤などを使うのが基本です。すなわち、天然素材を使うのがベストです。

(2)壁
 最近の壁紙やクロスは塩化ビニル製が主流となりましたが、これは絶対避けてください。シックハウスの原因となります。やはり、本物の紙や布でできたものを採用したいものです。

(3)合板
 もし、合板を採用するときの注意点。合板を張り合わせる接着剤は、ホルムアルデヒドの大きな発生源です。実は合板にはF1、F2、F3とホルムアルデヒド放出量によりランク付けされています。放出量が最も少ないF1タイプの合板を採用してください。
接着剤は「フェノール樹脂系」のものがホルムアルデヒド放出量は少ないです。もし、「ユリア樹脂系」でしたら、即キャンセルです。
 また、ホルマリンをまったく含まない「ノン・ホルマリン合板」というのもあります。

(4)塗料
 天然色素と植物系油のものがベストです。このタイプは木の表面を密閉することがないので、木の呼吸を妨げません。また、舐めても安全です。
 一方、石油系のものは、発ガン性など、強い神経毒性がありますので、使いたくないものです。

(5)畳
 防虫剤や防虫シート、防カビ剤を含んだ畳は、シックハウスの原因であるのは当然です。でも、部屋の通気性が悪いと、ダニやカビが発生してしまいます。昔のように天日干しができればいいのですが、マンションでは無理な話です。
 そこで、考え出されたのが湿気対策に工夫された畳です。備長炭や炭化コルク、ココヤシを畳床で挟んだものが市販されています。ただ、ちょっと固いようです。値段は、一畳あたり1万5000円〜3万円ぐらいです。

やっぱり昔の家はよかった
 いくつかの対策方法を書きましたが、いずれも天然素材にこだわったものです。つまり、自然に悪いものは、人間にも悪いということです。
 昔の家は通気性もよく(悪く言ってしまえば、すきま風)、木の香りもあり、シックハウス症候群とは無関係でした。しかも、解体後の廃材はそのまま土に還ります。
 これからの建材は、人間にも自然にも優しいものであることが望まれますね。


Copyright (C) 2002 YOUKOU Corporation.